広告

朝の読者会で愛に包まれながら初回からビックリするぐらい深いところに触れられた☆スピリチュアルティについて考える[日記2021.1.14]

2021年1月14(木)の日記記事

NVCの提唱者であるマーシャル・B・ローゼンバーグのPractical Spiritualityという本があります。

日本語訳は無いのですが、くみくみがこの本の読書会を開催するとの事で参加しました♪

広告

スピリチュアリティとは?

スピリチュアルとかスピリチャリティって聞いても、その意味や定義は私の中でボヤっとしているのですが…。

スピリチュアルの意味を調べるとWikipediaにはこんな風に書かれていました。

英語のスピリチュアル(英: spiritual)は、ラテン語の spiritusに由来する言葉で、宗教的・精神的な物事、教会に関する事柄、または、神の、聖霊の、霊の、魂の、精神の、超自然的な、神聖な、教会の、などを意味する。元々キリスト教に関する言葉で、複数の意味がある。

その反面Wikipediaでは日本におけるスピリチュアルの意味をこう書いてあります。

現代の日本では「スピリチュアリティ」(霊性)と「スピリチュアリズム」(心霊主義)を柱とする物事を広く指す。この意味でのスピリチュアルは「精神世界」を概ね受けついだ言葉である。

そして国語辞典によれば、Spiritual(スピリチュアル)という語は「精神的な」「霊的な」「宗教的な」と言う意味があるみたいです。

これをみてみると、私は日本の「精神世界」を概ね受けついだ言葉というところと、「精神的な」と言う意味の方がしっくりきます!

VIAーIS スピリチュアリティの意味は

私が学んでいる一般社団法人ウェルビーイング心理教育アカデミーでも無料で調べられるVIAーIS診断があります。

そのVIAでのスピリチュアリティの意味

より高次の目的や、森羅万象の意味について、一貫した信念を持つ。より大きな枠組みの中で自分がどこに適するのかを理解している。有意義な人生について信念を持っており、信念に基づき行動し、やすらぎを感じる。

と説明しています。この心理学的な視点からのスピリチュアリティの意味が、私は1番しっくりきますね!!

マズローの欲求段階説によると…

以前、私が学んだテキストの写真ですが、右側のオレンジの矢印に精神的欲求と物質的欲求とあります。社会的欲求よりも上の段階からが、精神的欲求とされています。

友情・家族・愛情・自尊心・自信・達成・他人からの尊敬・道徳・創造性・問題解決・偏見の欠如・事実の承諾・コミュニティーの発展・隣人愛

これを見ると生理的欲求や安全の欲求が満たされて、社会的欲求で人と関わると言うことは、自分1人(一人称)ではなく自分と相手と社会の3つとの関わりが出来るので(三人称)、より利他の精神とか、貢献とかを求められるというか、人間力が求められる気がしています。

自分自身がどう在りたいのか?(Being)

相手に対しても社会に対して、そして自分自身に対してもとても大事な問(とい)であり、重要なポイントだと思っています。そして人間力の中に精神性の高さというか成熟度みたいなのも含まれているのでしょうね!

私にとってのスピリチュアリティとは?

①宗教的ではないこと

②日本の精神世界の考え

③より高次の目的(天命・使命)を信じ、自身の成長段階によって精神性も成長していく(信念みたいなもの?)

後は、引き寄せの法則(シンクロニシティ)・波動(周波数)をあげる・潜在意識を変えるなどもスピリチュアルな範囲かなぁ〜って捉えています。そうなると何か特別な能力や霊力ってことではなくて、自分自身を成長させるうえで必要な精神性なのかなって思いました。

心・カラダ・そして精神性(魂)、この3つの領域が連動して、私たち人間は存在してる気がしますね。そして肉体が滅びても魂は存在していると信じています(笑)

今のところは、こんな感じですね。

私は年齢と共に肉体は衰えていくけれども、精神性は衰えない。むしろ歩んできた人生経験から成長させることも出来ると思っているのです。

マーシャルの「愛すべき神聖なエネルギー」とは?

ようやく、この話題にたどり着きました(笑)

今回、英語も読めないのにこの本の読書会に参加した理由は、マーシャルにとってのスピリチュアルティは何か?どんな捉え方をしているのか知りたかったからです。

マーシャルはスピリチュアリティを「愛すべき神聖なエネルギー」と言っています。

1回目から、ビックリするぐらい愛に包まれとても深いところに触れたのです♡

私は愛のエネルギーを感じたらもう、痛くて痛くて…涙が止まりませんでした。

あれは何だったんだろう?どんな意味があったのか??自分に問いかけていますが、まだ答えは見つかりません。

でもそのエネルギーを感じれたったってことに深い意味があると思っています♡

次回も今からワクワクしてます✨

この読書会が終わる頃には、私の中でのスピリチュアルティの定義や捉え方が確立出来れば良いなぁ〜って思っています!!

何ごとも勉強ですね!(*^o^*)


↑マーシャル・B・ローゼンバーグ Practical Spiritualityの書籍はこちらから


↑Kindle版はこちらから

今、夜の読書会の募集をしています。申込みはこちらから↓

くみくみのブログはこちらから↓

この記事を書いた人

阿部きょうこ

現在、六本木のクラブでママちゃんやってます
(源氏名:村上純)

30才で六本木にあるクラブでママになった時に、マネジメントやコーチングの領域で悩んでいた。10年前から心理学を学び、主にセルフコントロールとコミュニケーションに関心を持つ。

自分の心を開いて相手と関わり相互支援出来る人間関係を目指しながら日々活動中。

幸せになるのをただ待っているのではなく、自ら幸せを創り出し、日々笑顔で過ごす人を増やしていきたい。

広告