広告

パーソナルトレーナーから教わったこと「体はやっている事に適応する」

今、学んでる一般社団法人ウェルビーング心理教育アカデミーの、セルフナビゲーションの科学での課題であり、私の目標でもある、前屈チャレンジ!を始めて、チャレンジ3回目の経過報告で、やってる行動が合ってるのか分からなくなり、モチベーションが下がってきてたので(体重みたいに毎日変化がある訳じゃないので)

プランの見直しが必要だと思って、私のパーソナルトレーナーのM 氏に相談すると

広告

「柔軟性は、徐々に出るわけではなくて、ある時に急に、柔軟性が上がる」と言う

筋肉も一緒で、徐々につく訳ではなくて、トレーニングを続けていると、ある時に急に体が強くなってるのだそう

そう、これは私も体感している!

これを「特異性の法則」と言い、簡単に言うと、「人間の体は適応力があり、前屈で手を床に着くようになりたいなら、前屈をした方がよい!」のだそう

開脚で足を広げたいなら、開脚をすること!
スクワットを続けるとスクワットが出来る体になる!と言う訳

例えば、マラソンが得意で、いつも走ってる人に、いきなり重量挙げをしてと言っても出来ないように(逆もしかりね)

「体はやっている事に適応するのだそう」
(良くも悪くも適応する)

なるほどぉ〜✨

当たり前のように聞こえるが、体の事を全く分かってない私は、ストレッチをすれば、体が柔らかくなり、前屈も出来るようになるのかと思っていたのだ😱

間違いに気づけて良かったよ〜!w

なので、ストレッチは今までと変わらず、水、日で続けて、前屈は毎日、時間が空いた時に意識してやってみる!と言うプランに変更!

これなら、楽しみながら続けていけそう♪

(無理にストレッチの日を増やさなくて良かった。逆にプレッシャーになってモチベーションが下がってたかも知れない…)

さすが、トレーニングのプロ〜✨

持つべきものは、信頼出来るプロフェショナルだ♡(笑)

関連記事

この記事を書いた人

きょうこ

きょうこ

阿部きょうこ

現在、六本木のクラブでママちゃんやってます
(源氏名:村上純)

広告