広告

VIA-IS24の性格の強み「社会的知性」とは、その場の空気を読み適切な振る舞いができることで、人に安心感を与えるのかもしれない

こんばんは!
阿部きょうこです。

今日のキャラクターストレングス-強みの対話会は『社会的知性」をテーマに開催しました。

今回のファシリテーターはマグさんことかみて理恵子さんです。

今回の強みのテーマは「社会的知性」

社会的知性の強みとしての意味はこちらになります。

他人および自分自身の動機や感情を意識している。異なる状況においても、そこでの適切な振る舞い方を知っている。他者を動かすにはどうす ればよいかを知っている。社会的知性を強みとするあなたは、他者の動機や感情に気づくことのできる人です。あなたはいつもと異なる状況にお いての適切な振舞い方を知っており、どうすれば人を安心させることができるかを心得ています。(VIA-ISより)

いかがでしょうか?
自分に当てはまるな〜と思う方も入れば、逆に当てはまらないな〜と感じる方もいるかもしれませんね。

私自身、初めてVIAを受けた2018年の時は、この社会的知性は3位にある強みでした。
今は10位なのですが、この違いは何なのか?
自分では明確に分かっているのです。

それは、本業でもある夜の仕事をバリバリやっていた時と、今の私の状況(環境)の違いが影響しているのです。
(どっちが良い悪いではなくて、使っている強みが変化したということ)

この対話会で理解が深まった!!

社会的知性の強みは「人間性」の美徳に分類されます。
同じカテゴリーにある強みは、愛情と親切心です。

「愛情」は自分と相手に対して(1対1)
「親切」はより近い人・他人に対して
「社会的知性」は複数の人に対して

発揮されるのではないか?という話がでました。
私自身、社会的知性の強みは仕事で発揮されている場面が多かったので、とても納得したのです!

それだけでなく、タイトルにもあるように適切な振る舞いができるということ。

お店にいる時の私は髪型やドレス、どんな言葉を使い、どのように振る舞えばお客様に喜んで頂けるかのか?
心得て行動しています。
(すなわち自分が相手にどう見られているのか?も客観的に捉えているということ)

これは長年にわたる、ある種の職人技なのかな?
と思っていましたが、社会的知性の強みがそうさせていたんのですね。笑

お店だけでなく、知り合いのパーティーとか、大勢の人が集まるような場所でも、自分の立ち位置やどんな振る舞いをしたらその場の雰囲気に合うのか?
など、瞬時に判断しているのです。
(洋服もTPOに合わせて自分なりに変えているつもり)

ここで大事なのは、それが合っているかどうかよりも、こうすればこうなるかも?
という推測を自分が立てているということがポイントなのです。
しかも、それはある程度の人数やそういう場がある時に発揮しているのです。

プライベートではスイッチが切れたかのように全く発揮されません。
というか、必要ないからスイッチを入れないのでしょうね。笑

「社会的知性」の社会とは、そういう場や複数の人がいるときに発揮される強みなんだなぁ〜って、ものすごく納得しました!!

もしかしたら、そのような振る舞いをすることで、周りにいる人たちに安心感を与えていることにもなるのかな?と感じました。

ただし、過剰に使い過ぎてしまうと人の気持ちやその場の空気を読むことに意識がいってしまい、自分の気持ちや考えを置き去りにして周りに合わせ過ぎて疲れてしまうかもしれませんね。
(今思えば過去にそんな時もあったなぁ…)

どの強みもバランス良く使うことが大切なんですよ〜✨


今回も、たくさんの気づきをありがとうございました✨

次回のお知らせ

次回は「親切心」の強みについて!
ファシリテーターは田部ちゃんこと、田部知江子さん山崎裕子さん
ストレングスファインダーの視点からみる、親切心のお話も聞けるかもしれません✨


お申し込みはこちらから

たくさんの方と対話できるの楽しみにしています♡

関連記事はこちらから

この記事を書いた人

Avatar photo

阿部きょうこ

現在、六本木のクラブでママちゃんやってます。
30才で六本木にあるクラブでママになった時に、マネジメントやコーチングの領域で悩んでいた。10年前から心理学を学び、主にセルフコントロールとコミュニケーションに関心を持つ。

自分の心を開いて相手と関わり相互支援出来る人間関係を目指しながら日々活動中。

幸せになるのをただ待っているのではなく、自ら幸せを創り出し、日々笑顔で過ごす人を増やしていきたい。

広告