広告

お友達が元旦からカバンを盗まれた!鍵もないので家に入れない!どうしよう?到着して24時間以内に洗礼を受けるw スペイン14日間の旅・マドリード編 2019 Vol 3

スペインのクラブ(Facking monday)で新年のフェスタに参加したよスペイン15日間の旅 2019 Vol 2の続き

楽しい時間を過ごして、夜も更けた頃

お友達がトイレに行きたい!と言うので、私も一緒に行くことに

その少し前に、お友達は鞄を外し、私が見ていたのだ

広告

AM3:00過ぎ

そして一緒にトイレに行く事になり、クラスメイトに「荷物見てて!」と言伝したお友達

私も、そのまま席を立ったのだ…

そして、トイレから帰ってきたら、お友達の上着はあるものの、鞄がない!!!w

みんなで探しても無いのだwww

お酒も入ってたせいもあり、プチ切れるお友達…

そしてその後、涙がポロポロ

だって鞄には、彼女の生活費の半分の現金とクレジットカード、そして家の鍵が入っていたのだ…

彼女とは長いので、酔ってる姿は何度も見てきてるけど、ここはスペイン

周りからみたら、私達が外国人

私は、英語も話せないし、スペイン語はもっと分からないw

友達だって、少しのスペイン語しか話せない

とても、今の私達の状況と気持ちを伝えるほどの語学力は私達にはなかった

むしろ、こっちか誤解されかねない状況だ…

あまりにうるさかったのか、外に出ろとセキュリティに言われ、一緒に外に出る

友達はまた入ろうとするが、入れてもらえないw

さぁ!どうしよう???

お友達は、とにかく鍵が入っていた事に、落胆しているのだ…

鍵だけでも返して欲しいけど、そうは問屋がおろさない

AM4:30過ぎ

諦めきれない、お友達の代わりに、セキュリティと一緒に中に戻りもう一度探すが、やはり見当たらない…

無い物は無いのだ!

幸い私はクレジットカードを持っていたし、クラスメイトに日本人が居たので、近くのホテルまで案内してらもらうことに

外に戻ると、お友達が暴れていたwww

AM5:00前

「明日は空いてるけど、今日は一杯です」と断られる

そりゃそーだ!

東京だって、そんな時間に泊まれるホテルなんて限られてるし、揶揄すればカプセルホテルぐらいしか入れる所はないだろうw

まっ、1/1なので、そこすらも入れないかも知れないが…

ホテルも断られて、さて、どうしよう!?

メトロが空くのは朝6時

後、1時間で地下鉄は動くけど、私達の携帯の電池も少なくなってきた…

お友達はwi-Hiを持ってないので、私のWi-Hiの電池も切れたら、それこそ迷子になってしまう

クラスメイトの日本人の子にも、とにかくこの辺には居ない方が良いと言われ、それも納得

1月1日、フェスタで盛り上がってる若者たちが大勢いる…

何で盛り上がってるのか分からないようなテンションが高い人たちの集団が道路で騒いでいる…

アジア人は、私達だけ

あまりウロウロするのは、良くない!

お友達は、マンションに帰っても仕方ないので、ホテルに泊まりたかったみたいだが、とにかく家に入れなくても、マンションに戻ろうと説得して、タクシーでマンションにたどり着いた

がしかし、鍵がないので、オートロックも明けれないw

マンションの前に座り、メトロが動いたらカフェに行って、時間を潰しそうか?

そして、まずは携帯を充電するのUSBを買うか

そして、ホテルを探すか…

色々と考えた。しかも朝方5時過ぎの外は寒い…

しかも1月1日

みんな早くから起きないだろう…

AM6:00頃

住人のカップルが戻って来た!

なんともラッキーだ✨

一緒にオートロックを入って1階のロビーで待機する事にした

この日は、管理人もお休み…

なんせ新年早々ですからね〜…

お友達がドアマン=鍵師の連絡先さえ分かればと言っているが、マドリード鍵屋さんで検索して3つ出て来たけど、お友達もちょっとのスペイン語が分かるくらい

そして、私達の携帯の電池も限界に達していた…

(後、私のWi-Fiの電池もね)

お互い、携帯が使えないとなると、いよいよ路頭に迷ってしまう…

さぁ、どうする!?

AM11:00過ぎ

さっきから同じマンションの住人がチラホラ

お友達が、「同じマンションの人に鍵屋さんを聞けば良かった〜!!」とその時に、少し前にランニングに出かけた風の叔父様が戻ってきた

すかさず、状況を説明するお友達

すると…

その叔父様が、自分の携帯から鍵屋さんを呼んでくれた!

神降臨✨

1月1日から開いてて、しかも24時間営業!

15分〜30分で到着するとのこと♪

ほどなくして鍵屋さんが、やってきたそして、いとも簡単に開けてくれたwww

何はともあれ、お家に入れて良かったぁ〜✨

なんと、お昼の12時前!

約24時間経っている…

何はともあれ、安堵と共に深い眠りに着いたのだ

続く。。。

関連記事

この記事を書いた人

阿部きょうこ

阿部きょうこ

現在、六本木のクラブでママちゃんやってます
(源氏名:村上純)

30才で六本木にあるクラブでママになった時に、マネジメントやコーチングの領域で悩んでいた。10年前から心理学を学び、主にセルフコントロールとコミュニケーションに関心を持つ。

自分の心を開いて相手と関わり相互支援出来る人間関係を目指しながら日々活動中。

幸せになるのをただ待っているのではなく、自ら幸せを創り出し、日々笑顔で過ごす人を増やしていきたい。

広告