広告

彼との出来事で心がモヤモヤした話・恋愛パートナーシップ

昨日の我が家の1コマ。

日曜日はパスタの日♪ 彼がランチのパスタを作ってくれる(笑)
彼は先に作って食べたので「私の分は後で作るね」と言ってくれた。
優しいなぁ〜と思いながら、私は先にランニングしたかったので外に走りに出た。

戻ってきたのがちょうど12:30ぐらいかな?
シャワーを浴びて、心も身体もスッキリ・サッパリした私は、ご機嫌で「パスタ食べたい♪」と彼にお願いした。 
彼は30分かけてパスタを作ってくれた。

いざ私が食べようとした、その瞬間に「新婚さんいらっしゃい観たかったなぁ〜…。」と。
怒るでも責めるでもなく、彼がボソッと言った。

それを聞いた私は、だったらテレビ観たいから30分待ってって言えばいいのに!という考えが浮かんできたので、そのまま穏やかな口調で彼に伝えた。 
そしたら「そんなの言わないよ〜。子供じゃないんだから〜。」と返答があった。
あっ、また出た。これは自分からは言わないから察しろという彼のパターンなのだ。

彼は、人に対して先まわりして配慮や気配りがとても上手な人。それは私に対しても一緒。
だからこそ、その部分を理解して察してほしい。言うなれば、それって人としての土台に当然あるものでしょ?できて当然でしょ?という考えを、とても強く持っている。
私も仕事では気が利かないタイプではないけれども、家では全く彼にはかなわない。。。

私は、イライラや不満を感じながらも、コヒーランスを意識して作ってくれたパスタを食べた。
が、しかし、全く美味しく感じない。。。
せっかく作ってくれたのに。美味しく食べたかったたのに〜!!(泣)

ほどなくして、彼はお昼寝タイムになったので、私はコネクションプラクティス・デリイリーワークブックを開いて自己共感プロセスを始めた。
私の満たされていないニーズは意思疎通、彼の満たされていないニーズは配慮・思いやりと推測した。
それからハート/脳・洞察をしたら、確認という文字が浮かんだ。
彼は、言行一致をとても大切にしているので、私がお願いしたタイミングで断れなかったのだろう。。。
そして改めてそれは、私に対する愛からの行動だったと気づき、感謝の気持ちでいっぱいになった。 
行動プランとしては、私が彼に思いやりを持ちながら確認をすること。

思いやりを持って彼と繋がろうとする解決方法を、自ら見いだしたのだ!
これがコネクションプラクティスの凄いとこなんですよね〜✨

もし私がコネクションプラクティスを学んでいなかったら、「後から、そうやって言うのやめてくれる!?」「ちゃんと意思表示してよって言ってるじゃん!言われないと分からないでしょ!!」「すぐそうやって黙るんだから!!!」
と、声を荒げながら相手を責めていたことでしょう。。。
それじゃあ〜、繋がるどころか相手との溝が深まるばかりですよね。
自分のイライラもヒートアップするでrしょうし、お互い気分が悪くなったことでしょう。

起きてきた彼に、私は「さっきは、配慮が足りなくてごめんね。でも私も意思疎通が大事だったの。今度からはちゃんと確認するから、意思表示してもらえるかな? これを聞いてどう思うか教えて。」と伝えた。
彼は突然、大声で笑い出した。
??????と思ったけど。仲直りしたと言うことで(笑)

以前の私なら、絶対に自分からは謝りたくない!と意地を張っていたが、今は笑に変えられるぐらいのスキルを身につけたってことね(笑)

自分のことも大切にしながら、相手のことも大切にする、
お互いを尊重し、お互いの心が穏やかでいられるのは、日常で最高の幸せだと思っています♡

関連記事

この記事を書いた人

阿部きょうこ

現在、六本木のクラブでママちゃんやってます。
30才で六本木にあるクラブでママになった時に、マネジメントやコーチングの領域で悩んでいた。10年前から心理学を学び、主にセルフコントロールとコミュニケーションに関心を持つ。

自分の心を開いて相手と関わり相互支援出来る人間関係を目指しながら日々活動中。

幸せになるのをただ待っているのではなく、自ら幸せを創り出し、日々笑顔で過ごす人を増やしていきたい。

広告