広告

私の内側の変化を味わう♡

2021年6月17(木)

昨日の夜から今日の午前中にかけて、体感した出来事が私自身にとって必要な感動のプロセスがおこったのです♡

広告

10年ぶりの再会

あるお客様との10年ぶりの再会。このご縁をまた繋いでくれたのが、昔一緒に働いていたRちゃん。六本木を離れてからずっと今も違う土地で頑張り続けている。

当時、ある出来事が起こったのがきっかけで、お店を辞めた彼女。私のお客様にも非常にウケが良く、頑張ってくれていて、毎晩のように浴びるほど?お酒を飲んでいた(笑)

それがずっと続くんだろうなぁ〜と思っていた私にとって、ある出来事は突然起こり、そして彼女自身に降りかかり、辞めると決断に至るまでにとても悩んでいたことを改めて聞き、あの当時を思い出し私の中にあった怖れを思い出した。彼女を気にいっていたお客様が来なくなったらどうしようと…。

今思い出してみると、とても恥ずかしくて、私自身の未熟さにがっかりして、とても残念な気持ちになる。私は自分の保身ばかりを気にしていたのだ。昨日改めて、辞めることになったストーリーを聞いて、ようやく心から彼女に共感できた私がいることに気づいた。うわべだけじゃなくてね。

本当に心を痛めて辛い思いをし、辞める決断をしたけれども、「あのまま六本木でママと一緒に働いていたら、今頃どうなっていたんだろう?と今でも考えることがある」と素直に心の内を明かしてくれた彼女の言葉に後悔はないものの、私に対する信頼や思いやりを言葉の節々に感じて、涙が溢れそうになった…。

当時の彼女の中にも大切にしていた普遍的な価値観(ニーズ)があったのだ。そのことに気づいた私は、肩書きや立場を脇に置いて、心を開いて人と人との関わり、自然体な私、ありのままの私、無防備さを表現しながら話しを続けていったら、周りに温かくて思いやりのエネルギーが広がった。私は親密さや思いやり・つながりを感じたのだが、彼女もまたそのエネルギーを感じていた。

NVC復習会での気づき

去年一緒にNVCを学んだ仲間と一緒に、4月から月1で復習会をしています。昨晩の彼女との再会の次の日の午前中、この日は3人で共感の練習をしていました。もはや共感は初めてのメンバーではなく、むしろ朝飯前てきな?ぐらい練習もしてるし、やり慣れてるメンバーなのに、この日のAさんは違ったのです。

最近起きた出来事から、最も大切にしているコア・ニーズにつながった瞬間の彼女は感極まり、涙が溢れて、その後に身体が緩んだ。

本当にその人が大切にしているニーズに触れた瞬間の変容に、一緒に立ち会うことが出来て感謝の気持ちとともに、なんてニーズは美しいんだろう✨と心で感じることができた。

私は昨日のRちゃんとの出来事で共感して貰い、私の中にあるニーズに触れて、過去に人に裏切られて心もボロボロに傷ついたけど、今こうして自ら心を開き、人とつながる事が出来ている私自身の成長に胸の奥が熱くなったのを感じた。

Aちゃんいわく「全ては宇宙のはからいです。どの人にも必要なタイミングで必要な出来事が引き寄せられてくるのだと」

私はその言葉を聞いて、昨日の出来事や今日の復習会の学びと気づきに感謝した。全ては私にとって必要以上のことだったから…♡

この記事を書いた人

阿部きょうこ

現在、六本木のクラブでママちゃんやってます
(源氏名:村上純)

30才で六本木にあるクラブでママになった時に、マネジメントやコーチングの領域で悩んでいた。10年前から心理学を学び、主にセルフコントロールとコミュニケーションに関心を持つ。

自分の心を開いて相手と関わり相互支援出来る人間関係を目指しながら日々活動中。

幸せになるのをただ待っているのではなく、自ら幸せを創り出し、日々笑顔で過ごす人を増やしていきたい。

広告