広告

伝説の三浦ワーク 岡部明美ちゃん 其の一

2012年8月10・11

岡部明美ちゃんのワークショップ

伝説の三浦ワーク2泊3日が始まった

今日から2日間、この三浦で寝泊まりして自分と向き合う時間がはじまる

広告

窓からは海も一望でき、開放感もある良い場だ

何をするのかは全く知らされず、合宿気分の私は気分も高まっていた♪(笑)

先ずは、自己紹介をしてから皆んなで輪になりOSHO禅タロットを引く

私はFighting のカードを引いた

17年前からママになり、切った張ったの仕事をしてきてるので、その時も誰からと戦っている戦士なのかなぁ〜と思っていたら明美ちゃんが一言

「これは、誰かと戦っているんじゃなくて、きょうこちゃん自身が傷ついているのを周りに悟られないように、鎧を着て強い振りをしているのよ。これ以上傷つくのが怖いからね」と

この瞬間、心の中のどこかが緩み、ワーッと泣き出した私

図星だったのだ

当時、私は心が傷ついていた

その傷を認めずにいた

認めるのが怖かったから…

認めたら自分自身に負ける気がした…

認めたら今の私が私じゃなくなる気がしていた…

認めたら今まで歩んできた人生を否定してしまう気がした…

それはそうだ

20歳から夜の蝶になり、本名の阿部きょうこでは無く、お店での名前の「村上純」を演じていたのだから

演じていたなんて生易しいもんじゃない

村上純を創りだしたのだ

サバサバ・ハキハキ、姉御肌で、明るくて、割り切った恋愛感、時にはドライな一面もあり、社交的で負けず嫌い

多少の事では動じない真の強さを持ち合わせている

いわば阿部きょうこの良い部分だけをとった感じ

恋愛感以外はね(笑)

阿部きょうこで傷ついた心をオープンにしていたら、村上純なんてやってらんない!!

1997年頃、夜の世界は今よりも厳しかったし、お客様も飲み慣れていたし、遊び慣れていた

ちょっと不幸話しをすると「今時そんなの…フィリピン人でもないのに!」と怪訝な顔をされた

何でホステスをやっているの!?

と言う質問に素直に答えただけなのに…

1996年の夏

母は急病で旅立った

当時19歳だった私は、死に目にも会えず、久しぶりに会う息を引き取った母を目の前にして、本当に母なのか?何でこうなったのか!?

現実を受け止められずにいた…

当時17歳だった妹と祖母と父も深い悲しみの中にいた

そして私も妹も感じていた、もう阿部家は終わりだと…

職人気質だった頑固で人づき合いが下手な父を、文句一つ言わずに陰でずっと支えていた母

明るい笑顔と大きな愛で家族を見守ってくれていた最愛の母

その母が具合が悪くなり入院した次の日に危篤になったのだ

よほどギリギリまで無理をしていたのだろ…

誰にも心配をかけずに一人で我慢していたのだろう…

幼少期から私は父とは仲が悪かった

母が他界しても実家には帰らず、東京で生きていく覚悟を決めた

それは、経済的にも精神的にも自立を求められることだった…

今みたいに、インターネットも無ければ、東京に実家が無い田舎から出できて、高校しか出でいない人間が正社員で就職できるほど、世間は甘くはなかった

第二次ベビーブーム世代で生まれて、ちょうどこの頃にバブルが弾けたのだ

まだまだ余波はあったとは言え、日本は失われた20年に投入していく

手取り早く稼げるのは水商売だと思い、夜の蝶になったのだ

しかし、そんな事はお店に来ているお客様には関係のない事だし、辛気臭くなる話しは好まれない

そりゃそーだ!!

高いお金を払って、お客様も見栄を張る世界なのだから…

だから私は村上純を創りだした

これ以上、傷つきたくなかったし、自分の存在意義を否定されたくなかったから

全くの違う自分だと思えば、お客様から心ない事を言われようが、ただただ笑っていられるのだ…

でも後に、それが私自身を苦しめることになる

阿部きょうこも私だし、村上純も私には違いないのだけれども、村上純は痛み・苦しみ・悲しみもなどネガティブな感情や感覚を認めず、ただただ仕事に突っ走ったのだ

風邪をひいていても、熱が無ければお店に出勤し、飲みたくないお酒も飲んで、無理してでも笑顔を作って、体調が悪いことを悟られないようにする

プロでしょ!?とお客様に言われないよう、必死だった

今、思えばなんでそこまでしてまで必死だったのか!?

体調悪い時ぐらい休めば良かったじゃないって思うけど、当時の私には、私が生きていくのは、この世界しか無いと自分自身で思い込んでいたのだ…

続く。。。

この記事を書いた人

阿部きょうこ

現在、六本木のクラブでママちゃんやってます
(源氏名:村上純)

30才で六本木にあるクラブでママになった時に、マネジメントやコーチングの領域で悩んでいた。10年前から心理学を学び、主にセルフコントロールとコミュニケーションに関心を持つ。

自分の心を開いて相手と関わり相互支援出来る人間関係を目指しながら日々活動中。

幸せになるのをただ待っているのではなく、自ら幸せを創り出し、日々笑顔で過ごす人を増やしていきたい。

広告