広告

2021年秋から冬のトレーニングは肩のリハビリ中心でした@Studio poco大門・パーソナルトレーニング

今年の4月末から右肩に痛みが出て、上がらなくなったのが、10月中旬から、もっとひどくなったので、週1のパーソナルトレーニングは、肩のリハビリ中心でした。

広告

 

10月は計4回のトレーニングでした!

中旬から夜寝返りを打つのも痛くて目が覚めてしまう状態でした…。

なので、肩のリハビリをメインにしていました。

トレーニングができずに、もどかしい気持ちもありましたが、痛みには勝てません。。。

ここは、大人しくトレーナーの言うことを聞いて、肩を直すことに専念していきたいと思います!

11月は、計5回のトレーニングでした!

トリガーポイントのテニスボールサイズのボールで、毎日肩周りと背中のストレッチが日課になりました。

ストレッチをやればやるほど、週ごとに良くなって行くのが嬉しくて、今でも続いています。

11月に入ってすぐぐらいには、夜もぐっすり眠れるようになってきたのが嬉しかったです!

12月は、計4回のトレーニングでした!

ブルガリアンスクワットとランニングの相乗効果で、太腿がうっすら見えてきました〜✨

昨日、トレーニング納めでしたが、右肩もあと少しで上がりそう♪

今年の10月〜12月のトレーニングは、肩のリハビリ中心になっていましたが、ランニングも続いているので、自分の体調に合わせたメニューで運動を続けています!

歳を重ねるに連れて、身体も色んな変化をしていきますから、こうして臨機応変に調整していくことが、とても大切だと思いました。

そして、なんと言っても1番は、辞めないこと!!

肩のリハビリでも続けて通うことで、モチベーションを保つ事が出来たので、続けてて良かったと思っています。

来年、また重量を担いでスクワット出来る日が戻ってくるのを今から楽しみにしてます✨✨✨

この記事を書いた人

阿部きょうこ

現在、六本木のクラブでママちゃんやってます
(源氏名:村上純)

30才で六本木にあるクラブでママになった時に、マネジメントやコーチングの領域で悩んでいた。10年前から心理学を学び、主にセルフコントロールとコミュニケーションに関心を持つ。

自分の心を開いて相手と関わり相互支援出来る人間関係を目指しながら日々活動中。

幸せになるのをただ待っているのではなく、自ら幸せを創り出し、日々笑顔で過ごす人を増やしていきたい。

広告