広告

ホステスは「おもてなし」の専門職なのです

ホステスと聞いて、皆さんはどんなイメージを持っているでしょうか?

最近、キャバクラではキャストと呼ぶそうですが、クラブではやはり、「ホステス」と言う言葉が主流なのです。

広告

キャスト(cast)の意味とは?

配役に基づいて役を演じる俳優、出演者のこと。

転じて、テーマパーク(特にディズニーパーク)等の施設で働く従業員に対する内部呼称。詳しくはオリエンタルランド#「キャスト」と「ゲスト」を参照。ここから更に転じて、キャバクラ、メンズキャバクラなどの接待飲食店で接待をする従業員や、コスプレ系飲食店で接客をする従業員で「メイド」などの特定の呼称を持たない場合にも用いられる。(ウィキペディアより)

ホステス(hostess)の意味とは?

ホステス(英: hostess)は、ホスト(英: host)の女性形名詞(-ess)。元来は女主人や(旅館等の)女将(おかみ)の意味。日本では全ての飲食店を通じて男性客をもてなす女性従業員のことを、「女給仕」を略して女給と呼んでいたが、1962年11月に東京観光社交業連合会(東観連)が「女給」では人権無視と蔑視感が伴う為に「社交員」(ホステス)の呼称で統一するようマスコミへ告知する、当初は「社交員」と呼ばれていたものの東京オリンピック開催に伴い国を挙げての国際化指導もあって1964年にはバー、クラブ、キャバレーの女性従業員のことをホステスと呼ぶ事が定着するようになった。

なお、東京オリンピックでは外国政府高官などの相手をする者は「社交係」(ホステス)と呼ばれていた。 本来、ホステスは客を遇す、専門的知識と技術を持った女性の職業あるいは役割りを示すものであり、air hostess は客室乗務員を意味する。(ウィキペディアより)

キャストは接客ホステスは接遇を求められる

上記に、ホステスは客を遇すとあるように、接客よりも接遇を重視されるのです。

接客とはお客様に応対すること。すなわち相手になって受け答えをすること。

そして、接遇の遇するとは「もてなす」と言う意味なのです。

すなわち接遇とは、お客様を「おもてなし」すること。

ホステスとは「おもてなし」の専門職なのです。

専門職なので必要な知識と技術、そして何よりも人間性を磨いていかなければなりません。

おもてなしとは相手の立場になって物事を考えることが重要なのです

昔、私はウェイトレスのアルバイトをしてた頃がありますが、レストランや飲食店などでは接客マニュアルがあります。

でも「おもなし」にはマニュアルが無いのです。

今、この瞬間、目の前のお客様が何を求めているのか?

を瞬時に察知して、会話をする。テーブルを盛り上げていく。お連れ様にも気配りをする。そして一緒にテーブルに着いている女の子達にも配慮する(係の女性やヘルプの女の子に対して)など、導入の部分だけでも沢山の事を意識していかなければなりません。

これらは最初から上手に出来ないかも知れませんが、これらの事を意識し繰り返していくことで、意識下に落としていけるのです。

先ずは、キャストとホステスの違いから理解する事が初めの一歩になるのです。

この記事を書いた人

阿部きょうこ

現在、六本木のクラブでママちゃんやってます
(源氏名:村上純)

30才で六本木にあるクラブでママになった時に、マネジメントやコーチングの領域で悩んでいた。10年前から心理学を学び、主にセルフコントロールとコミュニケーションに関心を持つ。

自分の心を開いて相手と関わり相互支援出来る人間関係を目指しながら日々活動中。

幸せになるのをただ待っているのではなく、自ら幸せを創り出し、日々笑顔で過ごす人を増やしていきたい。

広告