広告

Mseo sorolla ソローリャ美術館で観た女性たちの美しい絵画☆スペイン14日間の旅 ・マドリード編 2019 Vol 17

La Barraca(ラバ ラッカ)で食べたイカ墨のパエリアが絶品でしたスペイン14日間の旅 ・マドリード編 2019 Vol 16の続き

2019年1月4日

お友達が住んでいる、サラマンカ地区にソローリャ美術館があるので、やって来ました♪

広告

ソローリャ美術館の入り口

ここは、バレンシア出身で「光の画家」とよばれたホアキン・ソローリャJoaquín Sorollaの作品を展示しているのです

美しい庭園

1912年に建設された画家本人のアトリエ兼住居を利用し、美術館として公開されていて、アンダルシア風の中庭も癒されます♪

美術館に入ると

ソローリャの自画像

こちらは、奥様

女性たちの美しい絵が多数展示

こちらは、私の1番のお気に入り♡

観る角度によって、女性が立体的にも見える

家具のセンスも素敵☆

こちらの家具も素敵です♪

一際大きな絵

絵と家具のセンスも素晴らしい✨

こちらは、実際に使用していた筆

このフロアの奥には

愛に満ちたマリア様がいました♡

2階には庭園の絵が多数展示

水の感じも美しく表現してます

こちらの絵も素敵♪

リビングとお花の絵

こちらはリビングでしょうか?

広いお部屋です

壁にある緑のリースみたいなのも、絵なのです!

とても素敵でした✨

感想

アトリエ兼ご自宅だった、この美術館

光の画家ソローリャの柔らか色使いに、うっとりしました♡

今でも実際に使用していた家具も残っていて、絵画との素敵なセンスも良かった✨

お庭も楽しめて、スペインの雰囲気を満喫しました♪

Mseo sorolla ソローリャ美術館 詳細情報

住所
Paseo del General Martínez Campos, 37, 28010 Madrid,

電話番号
(91)3101584

アクセス
地下鉄5号線ルーベン・ダリオ(Ruben Dario)駅から徒歩5分

営業時間 9時30分~20時(日曜10~15時)
定休日 月曜
休業日 1/1・6、5/1、12/24・25・31、マドリードの祝日

入場料
大人:3ユーロ、 子供:18歳以下無料、 団体:1.5ユーロ
入場無料:土曜14時以降、日曜、4/18、5/18、10/12、11/6、12/6

地図

Mseo sorolla ソローリャ美術館 公式ホームページ

関連記事

この記事を書いた人

きょうこ

きょうこ

阿部きょうこ

現在、六本木のクラブでママちゃんやってます
(源氏名:村上純)

広告