広告

私が断捨離&1000個捨てチャレンジを始めて良かった5つのポイントをご紹介します!

2/17(日)に、天からふと降りてきた「断捨離」のメッセージ!!

最低でも、一日一捨

それでは物が減らないので、その日の気分で捨てたくなったら何個でもOK!

逆に何もないと思った時は、レシート1枚でもOK!とゆる〜いルールを自分に決て、「毎日捨てることを習慣化」したいと思いました☆

広告

そして断捨離&1000個捨てチャレンジを3週間続けてみて、良かったポイント5つをご紹介します!

①節約に繋がる!

当たり前ですが、物を捨てる事に意識が向きます。

そうなると、自然に物が欲しいという気持ちが下がってきました。

②記録する事で得られる達成感と成功体験!

私は、Twitterに書いて、このブログでもシェアして日々、手放したものを記録しています。
この記録する事が非常に重要だと思っています!
記録を振り返る事によって、断捨離&1000個捨てチャレンジが着々と進んでる達成感を感じられるのです!

達成感と同時に、1日1日の小さな成功体験も積み重なってくるのです♪
成功体験が積み重なる事により、自分自身に自信が持てるようになります!

それと脳は良い事も悪い事も「忘れる」という特性を持っています。
断捨離&1000個捨てチャレンジが順調に進んでても、この忘れる特性によって実感が薄れてきますので、記録する事で記憶を鮮明に思い出し、続けて行くモチベーションにも繋がってくるのです!

③「なぜ手放したのか?」理由も記録する事で、本当に必要な物だけを買うようになった!

私は、記録の方法として、ただ捨てた物を書くだけではなく、「なぜ手放したのか?」を結論と称してその理由も書いてるのです。

それが、効果覿面でした!

物を手放なすには理由があります。

私が3週間続けてきて感じたのは、「これ、あったら便利だな〜」って買った物ほど、使わないでそのまま捨てる結果になりました。
その事を自分で理解出来るようになってくると、「今・必要な物」しか買わなくなってきました!
この3週間で買った物は、山グッズと通勤用のバレエシューズです。
どれも今・必要な物なので、買った時点で満足するだけではなく、良い物が買えた!と充足感に満たされるのです。

物を買った満足感は、得られた瞬間消えて行きますが、充足感はジワジワと続いて行くので、衝動で物を買わなくなりました!

④それでも誘惑は沢山ある!衝動で買いそうになった時は、1日寝かせておく

いつもの癖で、商品を見ると「これ欲しい!」と言う気持ちになる時があります。
特にインターネットで見てるときほどあります(苦笑)

そう思ったら、とにかく欲しいと思った物をカートの中に入れて、1日寝かせてからまた見ること!

その間に、断捨離&1000個捨てチャレンジの記録を振り返る事で、今チャレンジしてる最中なのを再認識することにより、「本当に今、必要なものなのか?」を確認する事ができるのです。

チャレンジ中は、捨てるだけではなく、無駄な物を入ってくるのも防ぎたいので、「今じゃなくても大丈夫!」と思えたなら、誘惑に負けなかったあなたの勝ちです!

⑤記録を振り返る事で執着を手放せる!

記録を振り返る事で頑張った自分を労い、物への執着も少しづつ無くなってきました。
そうする事により、不思議と心が満たされてくるのを実感してます。

きっと物がありすぎて、心が「イライラ・ザワザワ」してたのでしょうね…
そのイライラ・ザワザワが鎮まっていくのです。

そもそも断捨離とは?

そもそも断捨離と言う言葉に込められた意味とは何でしょうか?

・「断」=入ってくる不要なモノを断つ

・「捨」=不要なモノを捨てる

・「離」=モノへの執着から離れる(手放す)

ただ物を片づけて捨てるのではなく、自分にとって本当に必要なモノを見つめ直すことが断捨離なのです。

まとめ

今日の時点で 83個の物を捨てました。今までは、目についた物や、何年も使ったなかったり、比較的捨てやすい物を手放してきました。

これからは今までの3週間よりも、より自分の気持ちに向き合いながら、物を手放していく作業になりそうです。

「今・必要な物なのか?」に焦点を当てながら断捨離を続けて行きたいと思います!

関連記事

この記事を書いた人

きょうこ

きょうこ

阿部きょうこ

現在、六本木のクラブでママちゃんやってます
(源氏名:村上純)

広告