広告

食レポ!「日本橋 鰻 伊勢定〜蓮〜」で食べた伊勢鰻ともちもちのお米が相性抜群でとても美味しかった♡GINZA SIX(ギンザシックス)

こんにちは〜!阿部きょうこです♪

今日、銀ブラしながら鰻を食べたいと思い、どこに行こうか散策したところ、GINZA SIX 13Fに鰻屋さんを発見!外は雨も降っているので、初めてのお店だけど行ってみることにしました〜!

こちらのお店は、2021年8月27日にオープンしたんですね。日本橋 伊勢定の系列店みたいです。

広告

入り口はこんな感じ

GINZA SIXの6Fから南エレベーターに乗って13Fに到着。

艶感のある黒の壁に赤い暖簾が、ひときわ目立ちます。

入り口にメニューもありました。鰻重膳は・松喜・梅・伊勢の三種類。どれにしような悩むな〜。。。

店内の雰囲気

入り口を入るとテーブル席とカウンター席がありました。昼時でテーブ席にも何人がお客様が居たのでカウンター席に座りました。

このカウンターは一枚板ですね〜。店内は明るくてとても清潔感があります!

カウンターの左側は開放感のある景色です。

せっかく来たので、鰻重膳の伊勢を注文しました!

オーダーしてから出来上がりまで30分待ちます。

つまみに「うざく」を注文

鰻重を待っている間うざくを酒のアテにしました。

こちらが、うざく。1100円になります。

赤と緑の万願寺とうがらしに、椎茸と鰻。

彩りも良く、酸味も強過ぎず上品な味つけでした。鰻もめっちゃ美味しい!!これは鰻重にも期待が膨らみます✨

お待ちかねの「伊勢」が登場!!

ジャーン!!

こちらが、鰻重膳『伊勢』 8800円

お重には、日本橋と富士山の絵が描いてありました。そしてこの白い紙は水滴が鰻に落ちないように配慮されているんですね〜!さすがの心配りです。蓋を開けると…。

艶々で、ふっくらな鰻がど〜んと構えています。(笑)それに肝吸いと香の物。肝は注文した鰻の肝を使ってるそうで、とても新鮮でした✨

また、香の物もとても美味しかったです!随所にお店のこだわりがありました!

では、お待ちかねの伊勢鰻を頂きます!

近づくにつれて、艶々感が増してきますね✨✨✨

一口食べた瞬間、「何このもっちもっち感は〜!」そして鰻のふわふわ感と関東風の醤油が聞いたタレが口の中いっぱいに広がります。

そして、お米は長野県産の幻のお米を使っているそうで、もっちもっちなんですよね〜!釜で炊き上げているからだそうなんですが、こんなにもちもち食感の鰻重は初めてです。

そのお米に見事にマッチした伊勢鰻は初めて食べました〜✨白焼きして蒸してからタレ焼きと関東風ですが、サッパリしているので、食べていてもくどくなく、ほど良い蒸し加減と焼き加減の絶妙なバランスが素晴らしいです♡

とても上品なお味で、もちもち、ふわふわで女性っぽいイメージでした(笑)

伊勢鰻を扱っているお店は都内でも1・2店舗しかなく、このメニューの「伊勢」は日本橋本店にはないメニューなので、このGINZA SIXでしか食べれらないそうなので、是非こちらのお店のおススメのメニューです!

お店の雰囲気も良く、サービスも丁寧でとても心地良く、美味しいランチを堪能できました。感謝♡

店舗情報

所在地

東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 13F

電話番号

03-6263-9570

営業時間

11:00~14:00
17:00~20:00(L.O.19:00)

日曜営業

<地図>

日本橋 鰻  伊勢定〜蓮〜 (GINZA SIX 13階)公式サイトはこちらから↓

この記事を書いた人

阿部きょうこ

現在、六本木のクラブでママちゃんやってます
(源氏名:村上純)

30才で六本木にあるクラブでママになった時に、マネジメントやコーチングの領域で悩んでいた。10年前から心理学を学び、主にセルフコントロールとコミュニケーションに関心を持つ。

自分の心を開いて相手と関わり相互支援出来る人間関係を目指しながら日々活動中。

幸せになるのをただ待っているのではなく、自ら幸せを創り出し、日々笑顔で過ごす人を増やしていきたい。

広告