広告

カテドラル(サンタ・マリア・デ・トレド大聖堂)で観た美しいトランスパレンテ♪ スペイン14日間の旅 ・トレド編 2019 Vol 24

トレド旧市街をサント トメ教会とエルグレコ博物館を目指して散策スペイン14日間の旅 ・トレド編 2019 Vol 23の続き

エルグレコ博物館から、カテドラル(トレド大聖堂)に戻ります

広告

トレド大聖堂の周辺

こちらがカテドラル。トレド大聖堂です
正式名称はサンタ・マリア・デ・トレド大聖堂なります

現在ではスペイン・カトリックの首座大司教座になっているのです

歴史ある教会なんですね〜…

そして建物は、パリのノートルダム寺院と同じゴシック様式なのです

手前の扉に近づいてみると…

正面からのファザードは圧巻です!

真ん中から地面にかけては、このようになっていました

キリストが生まれた瞬間なのでしょうか…?

こちらは入り口ではないので、入り口に向かいます♪

入り口の対面にチケット売り場がありますので、そこでチケットを購入

料金は€10でした(2019年現在)

中に入るとステンドグラスが美しい

先ずは天井の高さに驚きました!

そしてステンドグラスが美しい✨

大聖堂内には、750枚もの美しいステンドグラスが飾らせているのです

天井まで続く黄金の主祭壇

こちらは、高さが約30mもある主祭壇です

ここまでしか近づけないので、鉄柵の間からカメラで撮影しました

眩しいほどの黄金色です✨

キリストの生涯を綴った「新約聖書」の20場面が描かれています

すごい迫力でした!

聖歌隊席のマリア様

主祭壇の向かいには、聖歌隊席があります

こちらは、トレドの守護神である白いマリア像です

とても優しい顔をしてました

彫刻の壁に取り囲まれています

中央の真上にある彫刻も迫力がありました!

聖歌隊席の上部には、パイプオルガンがありました

とても豪華です✨

進んでいくと

模型が置いてありました

キリストの誕生日をモチーフにしたものなのでしょうか?

こちらの装飾も素敵でした✨

眩しいくらい真っ白な天井に施された装飾

こちら祭壇は重厚な祭壇とはうらはらに、天井の真っ白さと可愛いさに思わずパチリ♪

色合いも素敵ですね♪

私が1番気に入ったのはこちらのトランスパレンテ

こちらの主祭壇にはトランスパレンテと呼ばれる透かしが施されているのです

トランスパレンテは日本語で「透明な」という形容詞になります

マリア様の上には、沢山の天使がいます

圧巻!!

そして、ただただ美しいのです✨✨✨

iPhone では全体像を収めきれないほどの大きさでした…

このトランスパレンテは、天井からの光によって、更に神々しくなるのです✨

天井のフレスコ画が息を呑むほどに美しい

このトランスパレンテを照らしている、天井のドームには美しいフレスコ画が描かれています

聖人や天使のが描かれています

吸い込まれそうなぐらい、美しかったです✨

感想

なにもかもが素晴らしいカテドラル✨

私は時間が無くてここで帰ったのですが、実は絵画も飾られているのです

有名なのは、エルグレコの「聖衣剥奪」

そして回路も素敵なのです!

下調べなく、思いつきで入ったカテドラルは、とても素敵でしたが、もう少し時間があれば、ゆっくり絵画や回路も周りたかったです(泣)

これから行かれる方は、是非、時間に余裕を持って行かれたら、隅々まで鑑賞できると思います☆

カテドラル(サンタ・マリア・デ・トレド大聖堂)情報

住所
Calle Cardenal Cisneros, 1, 45002 Toledo, スペイン

開閉時間
月曜~土曜 10:00~18:30
日曜・祝日 14:00~18:30
※宗教行事などにより、開館時間が変更になる場合もあります

休館日
1/1、12/25

入場料
10ユーロ(オーディオガイド付きですが、日本語版ガイドはありません

地図

関連記事

この記事を書いた人

きょうこ

きょうこ

阿部きょうこ

現在、六本木のクラブでママちゃんやってます
(源氏名:村上純)

広告