広告

ハプスブルク展に行ってきたよ♪大好きなマリーアントワネットとエリザベートの絵画が素敵でした♡上野 国立西洋美術館

昨日、ハプスブルク展に行ってきましたぁ✨

ハプスブルク家出身のお姫様と言えばマリーアントワネットが有名ですよね

私も大好きです♡

広告

看板は「青いドレスの女王マルガリータ・テレサ」8歳の時の肖像画

この頃からすでに一国を支える女王の風格が出てますね〜!

美術館入り口には、マリーアントワネットが華やかにお出迎え(笑)

実際の絵画も大きくて肌と薔薇の色やドレスの質感も素晴らしかったぁ✨

展示室は5つのブースに分かれていました

I ハプスブルク家のコレクションの始まり

II ルドルフ2世とプラハの宮廷

III コレクションの黄金時代:17世紀における偉大な収集

1 スペイン・ハプスブルク家とレオポルト1世

2 フェルディナント・カールとティロルのコレクション

3 レオポルト・ヴィルヘルム:芸術を愛したネーデルラント総督

IV 18世紀におけるハプスブルク家と帝室ギャラリー

V フランツ・ヨーゼフ1世の長き長き治世とオーストリア=ハンガリー二重帝国の終焉

エリザベートの肖像画は最後にありました
日本人に人気のお姫様でもありますね♪

私も2012年に宝塚のエリザベートも観に行きましたし

渋谷ヒカリエのオープンで1週間だけ開催された、ウィーン版ミュージカル*エリザベート20周年記念コンサートも観に行ったのでハプスブルク家とは、勝手にご縁を感じているのです(笑)

この3枚のクリアファイルとポストカードを記念に購入しました♪
1/26(日)までの開催なので、間に合って良かったです


↑こちらのサイトでは見所も紹介してたので添付しました

この記事を書いた人

阿部きょうこ

阿部きょうこ

現在、六本木のクラブでママちゃんやってます
(源氏名:村上純)

30才で六本木にあるクラブでママになった時に、マネジメントやコーチングの領域で悩んでいた。10年前から心理学を学び、主にセルフコントロールとコミュニケーションに関心を持つ。

自分の心を開いて相手と関わり相互支援出来る人間関係を目指しながら日々活動中。

幸せになるのをただ待っているのではなく、自ら幸せを創り出し、日々笑顔で過ごす人を増やしていきたい。

広告